スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビブリア古書堂の事件手帳 
 
やほほ9だよ

へへ(´∀`*) このブログの存在をまるっと忘れていたよ

カンナは40ちょいちょいまでキノコ王国であげてストーップ!
人に聞いた話だと、カンナのリンクスキルは70レベルでは不十分で100まであげないといけないらしいね。
やらないとな~

たおさんのブログにある ビブリア古書堂の事件手帳(いまのところ全3巻) ってラノベが面白いという話を聞いて買ってみました。

続きはネタバレあり

続きを読む »

スポンサーサイト
マグマ 
 
やほほ9だよ

私が大好きな ハゲタカ の作者である真山仁さんが2006年に出した本
マグマ
51SEY2Cv2+L__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_


火山国である日本ならではの地熱発電に関する小説。
私なんかは 原発があるから一生このような世界はこないとおもっていたけど
まさかのまさかで、こんなご時勢。

ハゲタカのように外資系ファンドの女性が主人公としてがんばります。
代替エネルギーのことを考えていたらこの本を読んだなぁと思い出しました。
素人には分かりやすいですし、とってもいいとおもうんだけど、よかったらドウゾ

ではでは.。.:*・゜从n0^~^)η゚・*:.。.ミ ☆

読書部 往復書簡 感想 
 
やほほ9だよ

読書部とはもう、おなじみになってきましたが週1でなにか本をよもうというもの。
今週は
ああ、なんて素晴らしい amazon
41W3bDcaZiL__SL500_AA300_.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
ママの親友だったはずの女に大富豪のパパを奪われ、家庭は崩壊!寄宿学校で待っていたのは、おかしなヤツばかり。僕はイジメに走り、ドラッグを覚え、本当にダメになりかけたんだ…話題の雑誌「McSweeney’s」の辣腕編集者がくぐり抜けた青春の夢と悪夢を描く自伝。

おもしろいよ~と美容師さんが貸してくれたものデス。
なんか分厚い@@
裏をみてみたら2800円もするし、
アマゾンのレビューも0なのでほんとうに未知のもの。
読書部なのに~ 誰もよまないだろうな~ 
ま、しょうがないか。

さて、つづきは先週の本 往復書簡 の感想 ねたばれあるかも

続きを読む »

読書部 小説十八史略 感想 
 
やほほ9だよ

恒例の読書部です。
読書部とは週一で適当にチョイスした本を読もうというもの。
オススメ募集中。部員募集中。

さて 今週の本は・・
往復書簡 amazon
413jRwG7DQL__SL500_AA300_.jpg

去年、松たかこが熱演して話題になった 告白 の作者さんである湊かなえさんの作品です。
告白はみてはいないのですが、たしか 先生が生徒に復讐するという恐ろしい話でしたよね。。。
この作品は3つの短編から成っているようですが、内容はというと

---------- キリトリ -----------
あれは本当に事故だったのだと、私に納得させてください。高校卒業以来十年ぶりに放送部の同級生が集まった地元での結婚式。女子四人のうち一人だけ欠けた千秋は、行方不明だという。そこには五年前の「事故」が影を落としていた。真実を知りたい悦子は、式の後日、事故現場にいたというあずみと静香に手紙を送る―(「十年後の卒業文集」)。書簡形式の連作ミステリ。
---------- キリトリ -----------

というものらしいです。
おまけ的に告白の映画の予告でもおいてみますね。ぺたり

つづきは先週の本 小説十八史略 の感想

続きを読む »

読書部 まほろ駅前多田便利軒 感想 
 
やほほ9だよ

毎年日曜恒例の読書部です。

読書部とは週一で本を読んで感想を書いてみようというもの。
部員募集中。好きそうなものがあればどうぞご一緒によろしく~

さて、今週の一冊は

小説十八史略(一) amazon
51RHSGSZKGL__SL500_AA300_.jpg


読みたいものがなく、本棚に入っていたものをチョイス!
全部で6巻なのですがまず1巻
中国の神話から始まり、秦の始皇帝までが1巻に書かれています。
むかーし読んだのですが、おもしろすぎた記憶があります。
暴君であった紂王のあたりの話は、ジャンプマンガ 封神演技 なんかにも書かれていましたね。
あれはSFちっくでしたがw
まぁ、いまから3000年前の話なのでいろいろな人がいろいろなドラマにしていますが
この陳舜臣さんは最高の作家の一人ですのでおもしろいですよ。

内容
夏(か)に先だつ幾千年、中国中原(ちゅうげん)に君臨した神々。時代は下り、やがて殷(いん)へ。暴君紂王(ちゅうおう)を倒して次なる世界を開いたのは周(しゅう)だった。その周も大動乱をへて秦(しん)に統一される。――英雄は激動の時代に生まれる。大陸も狭しと濶歩したあまたの梟雄(きょうゆう)豪傑たち、そして美姫。その確執葛藤の織りなす人間模様を活写。〈全6巻〉

さて、続きは先週の本 まほろ駅前多田便利軒 の感想 ネタばれあり!

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。